衆議院本会議で登壇し、「子供の生活底上げ法案」の趣旨説明を行う!

掲載日:2018.03.31


 衆院本会議で30日、政府提出の「生活困窮者等の自立を促進するための生活困窮者自立支援法等の一部を改正する法律案」と、関連法案として立憲民主党など野党6党が提出した「子どもの生活底上げ法案(通称)」(生活保護法等の一部を改正する法律案)の質疑が行われました。

 「子どもの生活底上げ法案」の趣旨説明には筆頭提出者として、池田まきが登壇しました。

 趣旨説明では「下の子が生まれる前に貧困状態となり、シングルマザーになりました。パートのかけもち、トリプルワークでも生活は厳しく、一時、生活保護を受給しました。命の恩人である弁護士に出会え、この制度につながり、私も子どもたちも命が救われました。法の解釈と運用によっては人の命が奪われる危険性のある生活保護制度が、正しく運用されることで命が救われる、まさに憲法第 25 条の実現でした」と述べました。

 そして「そのために福祉事務所の生活保護行政を正したい、その思いで福祉事務所ケースワーカーになり、子どもの貧困対策や権利擁護を行うフリーソーシャルワーカーとしても活動してきました。福祉の実態がまだまだ理解されていない、当事者の声や現場の声が、政治にまだまだ届いていない、そのことから政治をめざし、国会議員になりました。そんな私からすれば、今回の政府の生活保護切り下げは、貧困家庭やその子どもをますます苦しめるもので、強い怒りを感じざるを得ません」と批判をしました。
 その上で、貧困家庭の子どもたちの生活を底上げする法案こそが今必要だと法案の意義を力説し、法案の提案理由と概要を説明しました。また、中谷一馬議員(立憲)の質問にも答弁しました。


関連情報①衆議院本会議中継(録画)
関連情報②立憲民主党ホームページ記事