» 更新情報

2017池田まき政経セミナーが開催

「自己責任」社会から「頼り合える」社会へ

慶応大学の井手教授と池田まきが熱いトーク

9月7日、池田まきと私たちの政治をつくる会主催の「2017池田まき政経セミナー」が札幌市内において開催されました。

セミナーの第一部では、慶応大学の井手英策教授が『人間の顔をした社会をめざして』~頼り合える社会の構想~について講演。第二部では、井手教授と池田まき氏が『すべての人に安心と笑顔を』~誰一人置いてきぼりにしない社会へ~をテーマに、熱の入ったトークセッションを行いました。

井手教授は、今の日本の社会について「貯蓄がないと生きていけない自己責任社会にあって、誰もが生活不安におびえている社会」と指摘。その上で、国民の不安を取り除くには「アベノミクスなど昔を夢見た成長に頼ろうとするのではなく、痛みと喜びをみんなで分かち合う=オール・フォー・オール=頼り合いの社会への転換が必要だと訴えました。

具体的には、増税で安心を買う政策=安倍政権が先送りしてきた消費税増税を約束通り実行させ、それを財源に財政赤字はじめ医療費や介護費、障がい者福祉費、幼稚園・保育園費、大学授業料などを大幅軽減(例えば消費税7%でほぼゼロに)すること=を例示し、そのことが結果的に格差を縮小させ、成長力を強め、財政を再建させる、と熱く語りました。

井手教授からのこうした提言を受け、池田まき氏は「すべての人が安心して暮らせる社会をつくるため、憲法をどう活かすか、税制はじめ社会保障に関わる法制度をいかに改正・整備していくか、さらには人々の意識・心づくりをどう進めるか、私のライフテーマとして、全力で取り組んでいきたい」と熱く応えました。

セミナー第一部の様子の写真
セミナー第二部の様子の写真
井手英策教授の写真 池田まき写真
池田まき写真

【2017池田まき政経セミナー】

慶応大学の井手教授を招いて講演&トーク

9月7日(木)18:00~、於;ポールスター札幌

池田まきと私たちの政治をつくる会は、9月7日(木)18:00より、ホテルポールスター札幌(中央区北4条西6丁目)にて、2017池田まき政経セミナーを開催いたします。

すべての人に安心と笑顔を。人口減少、少子高齢の中で、安心と豊かさを感じられる社会をいかにつくるか。国の役割、自治体の役割はどこにあるのか。

新進気鋭の学者、慶応義塾大学経済学部の井手英策(いでえいさく)教授をお招きし、第一部では「頼りあえる社会の構想」と題してご講演いただきます。

また、第二部では「誰一人置いてきぼりにしない社会へ」をテーマに、井手教授と池田まきがトークセッションを行います。

会費は1万円。当日会場でもお受けいたしますので、多数ご来場ください。お待ちしています。

井手英策教授の写真

<井手教授のプロフィール>

1972年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、現在、慶応義塾大学経済学部教授。専門は財政社h会学。日本医師会、総務省、全国知事会、全国市長会などの各種委員のほか、朝日新聞論壇委員。著書に「経済の時代の終焉」(岩波書店)、「18歳からの格差論」(東洋経済新報社)ほか。

2015年度大佛次郎論壇賞、2016年慶応義塾賞を受賞。

石狩管内の地域主権・民進党政策懇談会を開催

~地域課題について市町村長らと懇談~

民進党北海道第5区総支部(池田まき代表)は7月24日、2017年度の石狩管内「地域主権・民進党政策懇談会」を札幌市厚別区で開催しました。

この懇談会には、石狩管内の各市町村長、並びに道の石狩振興局長らが出席。民進党からは池田まき代表はじめ小川勝也参議院議員、それに管内の各道議、各市町村議員らが出席しました。

最初に池田まき代表が「民進党は綱領に‘地域主権’を謳った地域のための政党であり、これからも市町村のみなさんと一緒に地域の政策課題の解決に全力で取り組んでまいりたい。本日は忌憚のない意見交換をよろしくお願いします」とあいさつ。

続いて、管内の各市町村長から北海道開発予算(道路、河川、空港、土地改良など)の確保や教育予算の拡充、自衛隊の体制維持、さらには森林環境税の創設や警察署の設置などを求める要望意見が相次ぎました。

こうした要望事項について、民進党側から小川勝也参議院議員や勝部賢治道議会議員が「国で取り組むもの、道で取り組むもの、民進党の議員団としてそれぞれしっかりと取り組んでいく」とのコメントがなされました。

最後に、池田まき代表は「本日はハードな要望意見が多かったが、(社会保障や税財源など)ソフトの政策課題についても是非、市町村のみなさんと一緒に取り組んでまいりたい。そのためにも日頃から市町村議員との連携を強め、市町村長のみなさんともじっくり話し合ってまいりたい」とあいさつし、懇談会を終えました。

会議全体写真
池田まき写真

「池田まきと私たちの政治をつくる会」1周年記念集会が開催

~横路孝弘衆議院議員が憲法について特別講演~

池田まき連合後援会「池田まきと私たちの政治をつくる会」は7月15日、札幌厚別区において1周年記念集会を開催しました。お忙しい中、参集されたみなさまには、厚く御礼申し上げます。

最初に、池田まき代表がこの1年間の活動について、スライドなどを使いながら報告しました。その後、元衆議院議長の横路孝弘衆議院議員が「共謀罪法そして憲法、安倍政権の現状について」と題し、安倍総理の憲法観及び自民党改憲草案の危険性について講演しました。

最後に池田まき代表は「私たちの命と暮らしを守るためにも、‘暮らしと憲法’についてもっともっと具体的に学び、語りあっていきましょう」と呼びかけました。

池田まき連合後援会では、今後各地でミニ集会、グループ懇談会など、池田まきと意見交換・交流する機会をつくりたいと考えています。お気軽に声をかけてください。

集会全体写真
横路孝弘衆議院議員写真 池田まき写真

岡田克也元代表が来道、5区の党員・サポーターと懇談

~次の次には政権交代を!~

民進党の岡田克也元代表が来道し、7月14日、北海道5区の党員・サポーターと今の政局などについて懇談しました。

この中で、岡田元代表は「民進党は次の選挙で議席を大きく伸ばし、次の次は政権交代を実現する。そのことを信じて前に進もう」と力強く語りました。

これを受けて池田代表は「党の中央と地方が情報を共有し、まとまって行動することが極めて大切。今日は大変良い機会になった」と語りました。

岡田克也元代表と懇談会写真
岡田克也元代表写真 池田まき写真

« 古い記事